ストーリーテラーのトークスキル

感 動したり、印象に残りやすくなる


「ストーリテラー」とは、
物語の進行役や語り部の事を意味しています。


ストーリーテラーは、主に
昔話や、民話、神話などといったものを
現代に語り継いでい ます。


つまり物語を語ることがストーリーテラーの特徴です。


基本的には、本などを見ないで
聞き手の目を見て物語を語って いきます


ストーリーテラーのトー クでは、
その物語を想像できるような話し方が
必要とされています。


物語が想像出来れば、聞 き手は感動したり、
印 象に残りやすくなるからです。

聞き手にどれ だけ心に残るメッセージで
物語を語れるかが大切となっていきます。



心に残るような話し方は、ストーリーテラーとして
必要な要素だけではなく、
プレゼンテー ションのトークとしても有効です。


ストーリーテラーとしての話し方では、
聞き手の目線になって物語を語っていくことが
中心となっていくので、聞き手と話し 手の距離が
近くに感じられるような深い会話となります。


よって、たくさんの聞き手の人たちが
感情移入しやすくなり、聞き手の
心を揺さぶることもできるよう になります。


プレゼンでのトークでも、
ストーリテラーのような話し方をすれば、
多くの人が耳を傾けてくれるようになります。


トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物