心理学を駆使したトーク

話し方や仕草を活用


心理学を駆使したトークが、
最近になって注目を浴びています。


トーク術などについては、多くの人が
悩みを抱える話題のひとつです。


セールストークからプレ ゼンなどの仕事関連、
恋 人や友人となどの人間関係にもどのような
トー クをするかで状況は変わるでしょう。


上達するためにトーク内容にこだわってしまう方が
多いですが、心理学を駆使するともっとずっと効果的な
トークを可能にできます。


心理学を駆使するとは、話し方 や仕草を活用することです。


話し方や仕草をど のようにすると
心理に働くようになるのか、とある実験で
導かれたデータを参考にしてみましょう。


まずは相手に好印象を与えるために
必要な話し方と仕草で す。


トークの際には必ず笑顔で、
相手の目を見て話すようにしてください。


話しかける時も精一杯に心を込 めて
会話をするよ うにします。


実験では話の内容はと ても簡単なものでした。


例えば、昨日は何時に寝ましたか?


朝は何を食べましたか?という程度です。


ほんの短い会話であっても、
この実験では初対面の会話相 手が
お互いに笑顔で話し合ったことで好印象を
持ったという結果が出ました


トークには会話の雰囲気、仕草などが
人の心に大きく影響を与えることがわかった のです。


トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物