プレゼンのトークスキル

余裕 をもつことが大切


プレゼンテーションでのトークは、
聞き手にわかりやすく話をするこ とがなにより大切です。


プレゼンで発表する際は、はっきりとした口調で話すことも
大事な のですが、特に聞き手に伝えたい箇所には、
抑揚をつけて話したり、話すペースをゆっくりにしてみたり
することで、メ リハリの利いたトークとなり、聞き手に も
はっきりと伝わりやすくなります。


また、全体的に話すことが長すぎたりすると、
結局何を伝えたいのかがわかりにくくなってしまうので、
ポイントを押さえ て話すようにすると
まとまりのあるトークとなります。


一からすべて説明することを聞き手は
もとめていないので、プレゼンでのトークは
ダラダラと話をやたら と続ける必要はありません。


とにかく、要点がはっきりとしているほうが、
聞 き手側も理解を示しやすいと思います。


話す側は、常に聞き手の反応を注意深く見 て、
話し方を変えていくとよいでしょう。


プレゼンでのトークでは、一方的に話すことだけに
集中することなく、聞き手の表情や反応も
観察できるぐらいの余裕 をもつことが大切となっていくでしょう。


トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物