フリートークの練習方法

自分をさらけだすことが重要


フリートークの練習方法は、
実体験からデータを拾い集め、
そしてそれを本やテレビ、
新聞の話と 上手くリンクさせます。


そしてその感想を述べる、という構成で
ネタを作って練習すると良いでしょう。


テレビの話だけでは、聴く側にとっては、
それはもう前 に見た、ということで終わります。


また、実 体験だけではただの近況報告にすぎません


要するに、フリートークの練習方法は、
内輪の話から世間の話をつない で、
話の世界を広げながら、どう思っているか語ることで、
自分をさらけだすことが重要な のです。


その時のポイントは、平凡な感想と
普通の意見を言うこと に、恐れないことです。


つまり、笑いを無理にとろうとするのではなく、
なぜこれを今話したいのか、ということに
意識をもつことが重要になります。


あの北野 武さんは弟子に対して、
連想を日常訓練でやっておくよ うにと、
口をすっぱくして言っています。


要はホントにアドリブで話せる人はいないということです。


フ リートークが上手くなるには、
場数を踏むのが一番で、
それ以外ではネタを多く持つことです。


どの世代に対しても話せるネタを多く持つことです。


トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物