トークのオチの作り方

ド ンデン、謎解 き、へん、合わせ


「オチ」とは、トークの最後に面白さ、
相手の笑いを誘う部分です。


お笑い芸人の漫才やコントなどでい う、
ネタの最後にあるボケですね。


トークにオチを作ると、
会話がただの雑談で終らず、笑いが起こることで
場 の雰囲気を和やかにできる効果があります。


オチ の作り方としては、
その前にフリをしなければなりません。


オチに持っていくまでの状況説明です。


フリは至って普通のトークを展 開していきましょう。


トーク の最後に、今までの状況説明から
思いもよらない展開を持ってくることが、
オチを作ることです。


前フリ、という言葉も
オチを成立させるための重要なポイント です。


トークのオチの作り方では、
このフリで今後の展開を相手に予測させておいて、
意外な方向に裏切る、というのがひとつの形になります。


オチには数種類 あることも覚えておきましょう。


桂枝雀という落語家さんが言うには、
大きく分けてオチの種類は4種類ある、
と説明していたことがあります。


ドンデン、謎解 き、へん、合わせ、という4種類です。


作り方としてはフリの状況説明から、
それぞれのオチに向かってトークを進めていくことになります。


例文などを参考に トークのオチの作り方をマスターしてください。



トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物