学校の先生のためのトーク上達法

生徒に 伝承していく


学校の先生は、
何より生徒に教える立場にあるので、
トーク力は問われますが、学校の先 生に
求められるのは、生徒に論 理的な思考を
与 えることのできるトーク力です。


論理的思考力を与えるには、まず、
自分で考えることから始めなければなりませ ん。


学校の先生のためのトーク上達法は、
本に書いてあることや新聞に書いてあること、
そして他人の意見など、それは果たして本当なのか、
ということを自分 の頭で考えることが重要です。


そしてそれが理解できなければ、
辞書やインターネットで調べたり、
他の人に聞いてみる必要があります。


そして、そのことにつ いてまた考える、
という繰り返しが大事です。


先生は生 徒をサポートする立場で十分です。


分からないことを調べる方法だけを
生徒に教えてあげればいいので す。


論理的な思考には、複数の答えが合ってかまいません。


採点したり、ベストな意見を選んだりしても、
論理的思考力は育ちません。


教師は、学生が自分の意 見を
臆せずに言える環境を作るべきです。


そのためには自らが論理的思考 を養い、
トーク力を鍛え、それを生徒に 伝承していくのです。


トー クが苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


準備する物